笠間焼・益子焼の歴史

  1. ホーム
  2. 笠間焼・益子焼の歴史

笠間焼・益子焼の歴史

笠間焼と益子焼は兄弟って本当?

「かさましこ」って何?

笠間焼の歴史

江戸時代中期

笠間焼の歴史は江戸時代中期、安永年間(1772~1781年)から始まります。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長右衛門の指導で焼き物を始め、窯を築いたとされています。

幕末~明治時代

後に、笠間藩の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。幕末から明治時代にかけては江戸に近い利点から、大量生産をし技術者や従事者も飛躍的に多く増加しました。明治時代には特に厨房用粗陶品の産地として知られていました。

戦後

しかし、終戦後、プラスティック製品などの流入などにより、人々の生活様式も大きく変化し、笠間焼の需要は減り、窯元は今まで経験したことのない危機に陥りました。
そのような中、県立窯業指導所や窯業団地、笠間焼協同組合などが設立され、官民一体となり試行錯誤の末、厨房用粗陶品から工芸陶器への転換を図りました。

近年

平成4年に伝統的工芸品に指定され、近年では、古い歴史に育まれてきた伝統に新たな技法が加わり、「笠間火器」を開発し、土鍋や陶板など新たな商品を生み出しています。現在では、約300人の陶芸家や窯元がいる窯業産地となっています。

笠間焼を生んだ窯元 久野陶園

久野陶園竹林から吹く風がゆるやかに流れる久陶園は、笠間と益子を結ぶ県道1号線近くに佇む、笠間焼で最も古い窯元です。江戸中期の安永年間(1772-80)、箱田村(現在の笠間市箱田)に産業を起こそうと志した久野半右衛門道延が、信楽から来た流れ陶工・長右衛門の指導によって窯を築いたのが始まりでした。このため笠間焼は、信楽焼の流れを汲んでいるのです。

益子焼の歴史

益子焼は江戸時代末期、笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まると言われます。以来、優れた陶土を産出すること、大市場東京に近いことから、鉢、水がめ、土瓶など日用の道具の産地として発展をとげます。

現在、窯元は約250、陶器店は50。若手からベテランまでここに窯を構える陶芸家も多く、その作風は多種多様です。春と秋には陶器市が開かれます。

用の美

1924年、濱田庄司がこの地に移住し、「用の美」に着目した柳宗悦らと共に 民芸運動を推めるかたわら、地元の工人たちに大きな影響を与え、益子焼は 「芸術品」としての側面も、もつようになります。

益子焼を生んだ窯元 ()()()

根古屋窯ギャラリーが軒を連ねる益子のメインストリート、城内坂通り。その賑わいから少し外れた山のふもとに、益子焼最古の窯元、根古屋窯はあります。根古屋という地名は東日本に多く、中世豪族の城があった集落のこと。小高い山と田園を望む、こののどかな場所に幕末の嘉永5年(1852)窯が築かれ、益子焼が誕生しました。創始者である大塚啓三郎は、笠間焼の久野陶園で見習った技を頼りに一人作陶を開始。益子焼のルーツが笠間焼であるゆえんはここにあるのです。三年後には黒羽藩の保護を受ける御用窯となり、陶工も招いて本格稼働させることに成功します。益子の土はざらっと砂気が多く粘りが少ないため、やや肉厚に作ることで生まれる素朴な温もりが特徴で、土瓶や土鍋、片口など庶民の台所用品を当初から作っていました。
 啓三郎の功績は、作陶を始めたことにとどまりません。根古屋窯に習い、周囲に窯元が増える中で不足したのは肝心の陶工たち。当時、陶工は割の良い条件を求め世渡りするのが常でした。そこで啓三郎は藩に直訴し、子どもらを陶工に仕込んで流れ出ないよう保護する策を提案。高く評価され名主にも任ぜられて、先見の明と実行力のある人だったことが伺えます。やがて質良く大量の製陶が可能となり、益子焼は鬼怒川から船で江戸へ運ばれ、販路を拡大していきました。
 さらに二代目の時、根古屋窯は「益子陶器伝習所」つまり学校を兼ねるようになります。石造りのがっしりした細工場は模範工場として設計され、アーチ型の出入口と木彫りの扉がどこかモダンな雰囲気。場内には、徒弟が背を並べた長いろくろ場の跡や、粘土を寝かせる大きな室が並んでいます。二階は太い梁が渡る釉薬室で、作業効率を考えすぐ登り窯へ出られる間取りに。
 関西から講師を呼んで技術を学ばせるなど先を見据えた教育は、今も栃木県窯業技術支援センターの精神に引き継がれています。窯は現在、六代目七代目親子が作陶を続け、ギャラリーではその作品や伝習所時代の珍しい陶器も見ることができます。
 創始窯元として後継者を育み、益子焼の定着と発展に寄与した根古屋窯。ひんやりした石蔵は時をとどめ、志をもって行き交じった人々のざわめきまで吸い込んでいるよう。その静かな佇まいは、今なお成長を続ける益子を見守っています。



かさましこ観光協議会
〒309-1611
茨城県笠間市笠間1357-1
0296-72-9222